独学/電子ピアノ/まだ3年目。楽器経験ゼロからどこまで上達できるか挑戦中♪

小指を使わないピアノの練習

先月、庭仕事で両手の小指を痛めまして。

ちゃんと治るまで無理はしたくない。

でも、ピアノの練習もしたい。

何かできることはないかなーと探して、見つけました。

小指を使わずに出来るピアノの基礎練習を!

それは……スケールとアルペジオ。

全24調のうち以下の8調は、スケールでもアルペジオでも小指を使わないんです↓

  • 変ニ長調(♭5個)
  • 変ロ短調(♭5個)
  • 変イ長調(♭4個)
  • 変ホ長調(♭3個)
  • 変ロ長調(♭2個)
  • 嬰ヘ短調(#3個)
  • 嬰ハ短調(#4個)
  • 嬰ト短調(#5個)

さらに、

  • 変ト長調(♭6個)
  • 変ホ短調(♭6個)

この2調も、スケールだけなら小指を使いません。

つまり、黒鍵から始まる10調のスケールとアルペジオは、ほぼ小指を使わずに練習できるということです!



久しぶりにスケール・アルペジオを弾いてみた結果

「よーし、じゃあ久しぶりに練習するか!」ということで、早速弾いてみたわけですが、

うん……?

うーん……?

できない

待ってーむずかしいーー!

去年は結構練習していたものの、今年はサボりがちだったスケールとアルペジオ。

やはり、サボっていると弾けなくなりますね……練習は正直だ……。

しかも、上に挙げた10調って、24調の中でも難易度の高い10調(※私の中で)だし



スケールとアルペジオの練習を再開します

というわけで、これを機に、またスケールとアルペジオの基礎練習をしっかりやっていきたいと思います!!

しかも今度は、去年みたいに2オクターブずつの練習ではなくて、

  • スケールは5オクターブ
  • アルペジオは4オクターブ

をカバーする予定です。

やはり基礎練習は大事

だから、しっかり身に着けていきたい!!

ブログ村のピアノ初心者ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!

Tags
Share