独学/電子ピアノ/まだ3年目。楽器経験ゼロからどこまで上達できるか挑戦中♪

ブルクミュラー25の練習曲(10) 「やさしい花 (Tendre fleur)」その1 イメージトレーニング

ブルクミュラーの10曲目です!

今回も、使用テキストはこちら↓

新 こどものブルクミュラー 25の練習曲 表現力がぐんぐん育つ!はじめてのイメージトレーニング
Amazonで見てみる楽天で見てみる

というわけで今回も、ブルクミュラー恒例のイメージトレーニングからやっていきたいと思います!

やさしい花 (Tendre fleur)」のイメージトレーニング

まず、「新こどものブルクミュラー」からの問いかけとして

あなたは何のお花が好き?ごうかなバラや、かれんなスミレなど、イメージするお花にあわせて、ひきかたをかえてみましょう。

新 こどものブルクミュラー 25の練習曲 表現力がぐんぐん育つ!はじめてのイメージトレーニング

私の好きな花……うーん、チューリップかな?

チューリップは、咲いている花の部分はもちろん、葉の部分が好きですね!!

私は結構「葉」の形や色に目がいくタイプでして、チューリップの葉っぱがとても好みなのです♪

というわけで、私がこの「やさしい花」を弾く時の「花」のイメージは、チューリップでいこうと思います!



「チューリップ」のイメージ

チューリップといえば球根から育てるイメージが強いと思うんですが、実はちゃんと種子から育てることができます。

ただ、種子から育てると、花が咲くまでに5年くらいかかるんですよ!

他の多くの草花が種まきから僅か数ヶ月で花を咲かせ、種をつけて繁殖していく中で、チューリップはたった1つの球根を大きくしていくだけの4年間。

土の上に出て「日の目を見る」のは、たった1枚の葉っぱだけ……という4年間。

その間に摘まれたり土が乾燥したりしたら、花を咲かせることもなく、次世代を残すこともなく、消えていってしまうチューリップ……。

(;ω;)ブワッ (涙)

あ、えーと、「やさしい花」のイメトレでしたね(笑)

とにかく、4度の冬を耐え忍んで、5年目には葉も2-3枚に増え、大きな美しい花を咲かせて、種をつけることもできるようになるチューリップ。

だからチューリップの「やさしさ」は、天真爛漫で無邪気な「やさしさ」ではないはず

同期の草花がどんどん開花していく中、自分の持てる力をコツコツと蓄え続け、幾度もの厳しい冬の時期を乗り越えて、ようやく開花したという、

辛酸を舐めてきた遅咲きの苦労人だからこそ出せる「やさしさ」だと思います!

下手でも、ぎこちなくても、真面目に真摯に一生懸命に取り組めば、受け入れてくれるような「やさしさ」。

逆に、上手でも、スマートでも、舐めた態度で取り組んだらすっごい怒られそうな感じの……。

だから、「やさしい花」を演奏するときには、どこかに「厳しさ」を入れたいですね!

優しさの中に厳しさが垣間見える、そんな感じに弾けたら良いな!

ブログ村のピアノ初心者ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!

Tags
Share