独学/電子ピアノ/まだ3年目。楽器経験ゼロからどこまで上達できるか挑戦中♪

「新版 みんなのオルガン・ピアノの本 3」の難易度と全曲の感想(3) 16~22曲目 【ピアノの教材・曲集/基礎前半レベル】

これらの記事の続きです↓

「新版 みんなのオルガン・ピアノの本 3」の難易度と全曲の感想(1)

「新版 みんなのオルガン・ピアノの本 3」の難易度と全曲の感想(2)

テキストは引き続きこちら↓


新版 みんなのオルガン・ピアノの本3

「新版 みんなのオルガン・ピアノの本3」の難易度の概要(バイエル換算、PTNAのステップ、登場する調など)については、こちらにまとめてあります↓

「新版 みんなのオルガン・ピアノの本 3」の難易度

さて、この記事では、こちらのテキストの16~22曲目を実際に弾いてみた感想を書いていきます。

各曲、2~3小節ほどの画像を載せておきますので、難易度の参考にしてくださいね♪

みんなのオルガン・ピアノの本 3」の曲ごとの感想(3) 16~22曲目

16. なかよし [ドイツ民謡]

ここからは8分の3拍子の曲です。

これもどこかで聴いたことある、でも思い出せない~~!(うーん、こういうのばっかり笑) 

17~21小節目が特に好き♪

17. バガテル [曲: ディアベリ]

これは「初歩のピアノ練習曲集1」の22番になっていた曲。

テュルクさんの曲に続き、これもお気に入りだったから何だか嬉しい!

ただ、こちらは1度やっているにも関わらずなかなかミスなく弾けるようにならず。。

特に左手の分散和音の指づかいがしっくりこなくて、あちこち変えてみたり戻してみたり、色々試しながら練習しました。



18. ゆめのくに [曲: 高橋正夫]

付点4分音符の練習曲。

これは弾きやすい。大丈夫!

19. かわいいアウグスティン [スワビア民謡]

結構、手の移動や指替えが多くて難しかった……。

スラー+スタッカートのコンビネーションも、かなり苦戦しました。

20. ライオンの行進 [サン=サーンス]

左手のメロディーが登場。

え、待って待って、難しい!!

特に10小節目の、

右手が「(4分休符)+4分音符+4分音符+4分音符」、

左手が「付点4分音符+8分音符+4分音符+4分音符」のところ……。

左手の付点4分音符がちゃんと伸ばせない!

左右が逆だったら簡単なのに~!!

ここだけ結構練習しましたが、今も頼りない感じです。

左手がメロディーを受け持っただけでこんなに弾けないなんて……凹む~。



21. 木こり [ストレレツキ]

これも左手がメロディーを受け持つ曲。

左手は前曲より簡単になったけれど、右手の伴奏がレベルアップ

ほぼずっと「ラ」と「ミ」の重音を弾いていれば良かった前曲とは違い、C (I), G (V), G7(V7), F (IV), D , D7の和音を弾くようになりました。

これも、左右が逆だったらかなり余裕があるんですよねぇ……左右の能力差を痛感

22. おもいで [曲:ベイリー]

これは結構弾きやすい!

メロディが分かりやすいし、左手の伴奏はバイエルでたくさん出てきた「ドソミソ」系の分散和音。これは大丈夫♪

良曲ぞろいのVol.3

というわけで、今回はここまでです!

だんだんと難易度が上がって来て、1曲1曲にかける時間が長くなってきました。

でも、「これ良いな」「ここ好きだな」と思える曲が本当に多くて、楽しく練習できています♪

あとやっぱり、個人的には、フルカラーのイラストがたくさん載っているのが最高です……!

導入・基礎以外でも、イラストがたくさん載っている楽譜が増えてほしい!!

ブログ村のピアノ初心者ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!