独学/電子ピアノ/まだ3年目。楽器経験ゼロからどこまで上達できるか挑戦中♪

音程の「〇度上」や「〇度下」はどういう意味?

前回の記事で↓

音程の度数の数え方 – なぜ音程には「0度」がないのか

「音程は、順番を表す序数詞で考える」という話をしました。

私はこの考え方のおかげで、「ドとソが何度の音程か」という類のことを考えるのはだいぶ楽になったんです。

……が。

紛らわしい「〇度上」や「〇度下」

「音程は序数詞で」の考えをもってしても、なかなか受け入れられなかったのが、「ドの4度上」とか「ドの4度下」とかいう表現ですね!!

これはもう、本当に憎たらしい!!(笑)

だって、上記のように序数で考えても、

ファ
1番2番3番4番5番

「ドの4度上……ドを1番として、1番の4つ隣は5番だから……かな?」

って考えちゃいますもん。

でも実際は違うんですよね。

ドの4度上は、ファなんです。



「ドの4度上」「ドの4度下」が意味すること

とりあえず、今のところ私が理解しているのは、

「ドの4度上」

→「ド」を1番として、音が高い方に4番目の音

→「ファ」

ファ
1番2番3番4番5番
「ドの4度下」

→「ド」を1番として、音が低い方に4番目の音

→「ソ」

ファ
5番4番3番2番1番

「4つ上」とか「4つ下」とかではなくて、「基本の音を1番としたときの4番目の音」という意味なんですね。

音程の安易な足し算は禁止!

というわけで、私が自分に言い聞かせてたのは、

まず、基本の音が「1番目」

これが大前提。

重要なのは、安易に足し算をしないこと!!

ド(1度)の4度上、って言われたら「1+4=5」って計算したくなるよね、うん分かる、分かるけど、音程を考える時は違うのよ……!

と、いうことです。

もう、無意識に足し算をしちゃうんですよね。

この無意識を変えるのは、けっこう時間がかかりました。



音程の数え方を覚えるのは、コード学習にも重要

ちなみに、この「安易に足し算をしない」というのは、後にコードを学ぶ時にも重要な心得でした!

だって「3度」と「3度」を組み合わせたら、「3+3=6」で6度になりそうですよね?

でも実際は5度なんですよ……。

さらに言えば、「長3度」と「長3度」を組み合わせたら、「3.5+3.5=7」みたいな感じで、6度を超えて7度くらいまで行きそうな気がするじゃないですか……。

でも5度(増5度)なんですよ………どうしてなの……。

まあ、これはまた別の機会に書きます(笑)

ブログ村のピアノ初心者ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!

Tags
Share

コメントをどうぞ

「コメント」欄は必須です。「名前」と「サイト」は空欄でもOKです♪