独学/電子ピアノ/まだ3年目。楽器経験ゼロからどこまで上達できるか挑戦中♪

ブルクミュラー25の練習曲(9) 「狩猟 (La chasse)」その1 イメージトレーニング

ブルクミュラーの9曲目です!

使用テキストはこちらと↓


新 こどものブルクミュラー 25の練習曲 表現力がぐんぐん育つ!はじめてのイメージトレーニング

Amazonで見てみる楽天で見てみる

先日紹介した、こちらです↓


ブルクミュラー25の練習曲 ロマン派の作品の指導法(別冊解説書付き)

Amazonで見てみる楽天で見てみる

というわけで今回も、ブルクミュラー恒例のイメージトレーニングからやっていきたいと思います!

「狩猟 (La chasse)」のイメージトレーニング

「狩猟」は、ここまでの「ブルクミュラー25の練習曲」の中ではもっとも長い曲で、「小ロンド」という形式になっているそうです。

「狩猟 (La chasse)」の形式

そんな「狩猟」の構成をもう少し詳しく見ていくと、

前奏ファンファーレっぽい
A1テンポよく元気に
B不穏な感じ
A2テンポよく元気に
C哀しい感じ
A3テンポよく元気に
Codaファンファーレっぽい

こんな感じですね。

ちなみに「A1」と「A2」は全く同じで、「A3」もほぼ同じです。

これらの、それぞれのイメージを膨らませてみると……。



前奏

うん、競馬の出走前のファンファーレかな?(笑)

最初は、現代の日本の「競馬場」や「競馬中継」をイメージして「いやいや、それは違う」と思ったんですけど、実際のところ競馬って、中世ヨーロッパでは王侯貴族の嗜みだったんですよね。

で、両方のテキストに「ブルクミュラーの時代の狩りとは、貴族のスポーツだった」と書いてあるし。

前奏だから、きっと狩りに出発する前の合図でしょう?

そして、狩りには馬に乗っていくんでしょう?

まさに出走前のファンファーレだ……!」

という結論に至ったので、私の中でこの曲の前奏は「競馬の出走前のファンファーレみたいなもの」ということになっています(笑)

A1

ここの右手は馬!間違いなく馬の足音。

オクターブの跳躍も、前脚と後脚の音かな?というイメージが湧きます。

そして左手のメロディは……馬に乗っている人が鼻歌を歌っている感じかなー。

ちなみにここは同じようなメロディが2回繰り返されていて、1回目が「f(フォルテ)」で2回目が「p(ピアノ)」なんですよね。

これは、最初は大きな声でワイワイ騒いでいたけど、だんだん狩場に近づいてきて、獲物に勘付かれないように声を潜めているのかも、と思いました。



B

ここは張り詰めた空気。

獲物に狙いを定めている時の緊張感……!

A2

で、また鼻歌を歌いながら次の狩場へ。

Bで獲物を仕留めることができてウキウキしてるかも!

そして今度の「p」は、馬に乗った貴族たちがBの狩り場から遠ざかっていくイメージです。

C

そしてC。

ここは、貴族たちが去った後に、狩られた動物の仲間たちが悲しんでいる。そんな気がします。

ちなみにテキストには、

たとえば、「狩りをする貴族」を見ている村人たちが、スポーツとしての狩りを悲しんでいる心情を表現してみましょう

「ブルクミュラー25の練習曲 ロマン派の作品の指導法」より

と書いてありました。

ただ、私には「狩られた動物の仲間の悲しみ」の方がしっくりきたので、こちらで行こうと思います!



A3

狩りを楽しんでご満悦な貴族のみなさん。

帰途についてるのかな。

Coda

そして、ご帰宅。

右手と左手の掛け合いが、早くも「次はどこに行こうか」と話し合っているかのように聴こえます。

ラストは、全体を夕日が包んでいるようなイメージです!

とりあえずイメージは完璧!

と、こんな感じで、「狩猟 (La chasse)」はとてもイメージがしやすい曲でした。

次回は、実際に弾いてみた感想を書いていきますね!

ブログ村のピアノ初心者ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!

Tags
Share