独学/電子ピアノ/まだ3年目。楽器経験ゼロからどこまで上達できるか挑戦中♪

ブルクミュラー25の練習曲(7)「清い流れ (Courant limpide)」その1 イメージトレーニング

ブルクミュラーの7曲目です!

テキストは引き続き、こちらを使用しています↓


こどもピアノレッスン 新 こどものブルクミュラー 25の練習曲 表現力がぐんぐん育つ!はじめてのイメージトレーニング


今回も、ブルクミュラー恒例のイメージトレーニングからやっていきたいと思います!

「清い流れ (Courant limpide)」のイメージ

まず、テキストにはこのような記述があります↓

きれいに澄んだ水が流れています。どんな音がきこえますか?(中略)速く、活発だけれど、mormorando(ささやくように)、そしてpp(とても弱く)で流れていきます。

「こどもピアノレッスン 新 こどものブルクミュラー 25の練習曲 表現力がぐんぐん育つ!はじめてのイメージトレーニング」より

速くて活発だけど、ささやくように、とても弱く……?

うーん、まあ、大河ではないんでしょうね。小川かな?

実際、この曲の邦題を「清らかな小川」としている本も多いですし。

雪国の人間がイメージする「清い流れ」

小川で、えーと、清らかって言ってるから田舎の山の上のほうで……。

あ、もしくは、「春を迎えた田舎の雪解け水が、道路の脇に細い水の流れを作ってる」なんてのはどうでしょう?

チョロチョロ〜

キラキラ〜

って感じで(語彙力w)

これなら、雪国の人間としては、すごくイメージ湧きます!

というか、今は雪に埋もれている真っ最中なので、「雪解けの季節を!!早く!!」っていう希望も入って、強くイメージできてしまう(笑)



「清い流れ (Courant limpide)」の楽譜を見てイメージ

さて、何となく「清い流れ」のイメージができたところで、実際の楽譜を見てみると……。

前半は、同じような動きの繰り返し。

そして、

後半も、同じような動きの繰り返し……。

これで、あとはクレッシェンドとかディミヌエンドとかで、曲に表情をつけるっていう感じでしょうか……?

えええ、難しそう!!

行く川のながれは絶えずして

そして、私の頭の中に浮かんだのは、鴨長明「方丈記」の冒頭。

行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。

絶えず流れる水。

いつも同じように見える水。

でも実際は、その時、その時で違う水。

「清い流れ (Courant limpide)」も、あっちもこっちも同じように見えるからって、同じように弾いちゃダメなんだろうなあ。

単調になっちゃうしなぁ……。

うん、なるほど!

わかった!

何となくイメージできました!

あとは弾いてみるのみー!

ブログ村のピアノ初心者ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします!